カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

川口教会司牧訪問



2014年2月2日 主の奉献の主日


カトリック川口教会

第一朗読 マラキ3・1-4
第二朗読 ヘブライ2・14-18
福音朗読 ルカ2・22-40

今日は「主の奉献」の祝日です。ちょうど主の降誕から数えて40日目にあたる日です。イエスの両親、ヨセフとマリアは、律法の規定に従って、エルサレムの神殿に詣でて、幼子イエスを鳩のいけにえと一緒に、主なる神にささげたのでした。イエスの両親は律法に定められたことをみな行い、ガリラヤのナザレに帰りました。ナザレでイエスは「たくましく育ち、知恵に満ち、神の恵みに包まれていた」(ルカ2・40)、とルカの福音は伝えています。

「主の奉献」とは、子どもを神にささげることです。ヨセフとマリアの夫婦はイエスを神へささげました。ルカの福音は「主のために聖別される」(ルカ2・23)という出エジプト記の言葉を引用しています。「聖別される」とは、神に従って生きるものにする、という意味です。イエスは、神の御心を行う人として生涯を父である神にささげ、十字架の上でお亡くなりになりました。わたしたちの救いのためにイエスは十字架にかかり、そのそばには母マリアがおりました。

今日の福音は、シメオンという人がマリアに告げた言葉を伝えています。
「あなた自身も剣で心を刺し貫かれます。」(ルカ2・35)
マリアは愛するわが子が十字架にかけられて残酷な最後を遂げる場面を目の当たりにしながら立っていたのでした。イエスの死はわたしたち人類の救いのための死、わたしたちの罪を贖うための死でした。今日の第二朗読では、イエスの死は「死をつかさどる者、つまり悪魔をご自分の死によって滅ぼし、死の恐怖のために一生涯、奴隷の状態にあった者たちを解放なさる」(ヘブライ2・14-15)ための死である、と述べています。マリアはわが子イエスの死の場面で、イエスの苦しみを自分の苦しみとして受け止めたのです。このマリアの苦しみもわたしたちの救いのための苦しみでした。

ヨセフとマリアはイエスの両親としてイエスを育てたのでした。そこで今日、わたくしは「親の務め」について皆さんに一言申し上げたいと思います。言うまでもないことですが、親の務めとは、子を養い育てるということです。そして、信者である親の場合、大切な務めは自分の信仰を子どもに伝える、ということです。幼児洗礼の場合は特にそうです。両親は、幼い子に代わり、代父母と一緒に信仰を宣言したのですから、自らもその信仰を生き、そして信仰を次の世代に伝えなければなりません。種々の事情から、この親から子への信仰の伝達が難しくなっていることをわたしたちは感じています。教会共同体は真剣にこの課題を検討し、子どもの信仰教育に取り組まなければならないと思います。

今日は「子どものミサ」をささげています。川口教会は子どもが多い教会です。是非皆さん力を合わせて、次の世代の教会を担う子どもたちの信仰教育をしっかり行っていただきたいと思います。


Pastoral Visit to Kawaguchi Catholic Church


February 2, 2014; Presentation of the Lord - Feast

FIRST READING: Malachi 3:1-4
SECOND READING: Hebrews 2:14-18
GOSPEL: Luke 2:22-40

Today is the Feast of the Presentation of the Lord. Counting from Christmas day, this marks the 40 th day after Christmas.

Jesus’ parents Joseph and Mary, obedient to the law of Moses, went to the Temple in Jerusalem and offered infant Jesus to the Lord God with sacrifices of doves. Jesus’ parents did everything according to the law and went back home in Nazareth, Galilee. The Gospel of Luke tells us that in Nazareth, Jesus“grew and became strong, filled with wisdom; and the favor of God was upon him” (v. 40).

“Presentation” means to “offer one’s child to God”. The couple Joseph and Mary took Jesus to offer him to God. Here, Luke’s Gospel quoted the words from the Exodus “called holy to the Lord (v. 23)”. The words “called holy” mean to make one a person who lives obediently to God. Indeed, Jesus as a man led a life of obedience to the Will of God and gave his whole life to God the Father on the cross. Jesus was crucified in order to bring us salvation and his mother Mary was always beside him.

Today’s Gospel tells us of the words a man named Simeon told Mary: “a sword will pierce through your own soul also (v. 35)”. At the foot of the cross, Mary stood and saw her beloved son suffer and die the brutal death on the cross.

Jesus’ death was to bring salvation for all, a death to redeem our sins. In today’s second reading, Jesus’ death is explained as “that through death he might destroy him who has the power of death, that is, the devil, and deliver all those who through fear of death were subject to lifelong bondage (Heb 2:14-15)”. At the death scene of her son, Mary received Jesus’ suffering as her own―thus, Mary’s suffering was also a suffering for our salvation.

Joseph and Mary brought up Jesus like many parents do. Therefore, I would like to add a few things about the “duty of parents” today. Needless to say, the duty of parents is to nurture and raise children. But I must add one more for Christian parents: it is their precious duty to pass on their faith to children. This is particularly so with children who are baptised as infants. At infant baptisms, parents proclaim with their godparents their faith in place of the children who are baptised. So, parents ought to live their own faith so that they will be able to pass it onto the next generation. We know that there are many circumstances this faith-transmission may be difficult at home. The Church community must consider this problem seriously and devote herself to children’s faith formation.

We are celebrating Children’s Mass today. I can see that Kawaguchi parish has many children. I ask you all to put your strength together and work for the faith formation of children who will work for the Church in the next generation.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design