カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

本庄教会ミサ  11時



2017年2月5日(日)11時  カトリック本庄教会


第一朗読 イザヤ58.7-10
第二朗読 一コリント2.1-5
福音朗読 マタイ5.13-16

今日は、年間第五主日であります。今読み上げられました福音は先週の福音の続き、主イエスの山上の説教です。先週は、幸いであるという八か条の教えでありました。今日は「あなたがたは、地の塩であり、世の光である」という教えであります。
東京の高円寺というところに光塩女子学院というカトリックの学校があります。光塩、光と塩、光塩という名前の学校です。
あなたがたは「地の塩、世の光」です。と、主イエスは言われました。誰に向かって言われたのかと言いますと、山上の説教の始まるすぐ前のマタイ福音4章を見ますと、イエスのところには多くの人が集まってきたとでています。
どんな人が来たのかというと、「病気の人、いろいろな苦しみを担っている人、あるいは悪霊に取りつかれたもの、癲癇、中風のもの、あらゆる病人がイエスのところに来ました。」とでています。この人たちは、イエスから癒してもらいたいと願って集まってきたのであります。
山上の説教では「心の貧しい人々は幸いである。」という言葉から始まっています。そして今日、「あなたがたは地の塩、世の光である」と言われました。「あなたがたは地の塩でありなさい、世の光でありなさい。」と言われたのではなく、「あなたがたが地の塩、世の光です。」と言われたのであります。
その言われた人は、どんな人々、立派な人々、元気な人でしょうか。
当時のユダヤのガリラヤというところの人々は、何の問題もなく健やかに過ごしていた人々とは全く反対の状態にある人々、病気であったり、貧しかったり、悲しみ悩んでいる、そういう人々であったとでています。そういう人に向かって「あなたがたは幸い」と言われ、更に「あなたがたは地の塩、世の光です。」と言われました。なにげなく読んでしまいがちですが、どうしてそのような人々が地の塩であり、世の光であると言えるのでしょうか。
私は、今日皆さんに説教をするために、この地の塩世の光という箇所を読んで改めて、強く感じました。元気な人、活躍している人に「あなたがたは地の塩ですよ、世の光ですよ」と言われたのではないのですね。力を落とし、悩み、そして疲れている人に向かって、「地の塩であり、世の光ですよ。」と言われました。これは、大変なことではないでしょうか。
私たちは、今どんな状態にあるのでしょうか。ここに集まっている皆さん一人ひとりの方の状態を、私はよく知っているわけでありませんが、この話している私自身、今そんなに元気いっぱいであるとは言えない状態です。
そして、今日の第2朗読をみますと、使徒パウロは大変強い人であったんですね。ただこの時はそうではありませんでした。「わたしは衰弱していて、恐れに取りつかれ、ひどく不安でした。」そう彼は言っています。このパウロを通して神の力が働きました。神の恵み、神の力は人間の弱さの中に、弱さを通して働くということを、使徒パウロは私たちに教えていると思います。
生身の人間は病気になったり、疲れたり、落胆したり、落ち込んだり、よく折れるということを最近、聞きます。心が折れる、あるいは、へこむという言葉も聞きますね。そういうようになります。そういう人々に向かって主イエスは言われました。「あなたがたは、地の塩、世の光。もちろん塩は塩味をわたしたちに与えてくれるものであり、腐敗を防止する働きがあり、そして殺菌という働きもあります。
そして、世の光。私たち自身が本当に元気な明るい者であって、その人を見れば、人々は本当に励まされ、そして喜ぶようでありたいが、いつもそうであるわけにはいきません。 
でも私たち弱い、もろい人の中に神の力が働き、そして、神からいただく光を周りの人に伝えることができます。「あなたがたは世の光」というのは「神から光を受けて、周りの人を照らすことができる。」という意味であると思います。ですから今日、私たちはもっと頑張って、地の塩、世の光になりなさい。というよりも、「もうすでにわたしたちは地の塩であり、世の光ですよ。」と、イエスが、言ってくださったことに深い慰めと励ましを受け取るようにしたいと思います。

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design