カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

教区司祭1月の命日記念ミサ



2014年1月17日 年間第1金曜日


カトリック浦和教会(カテドラル)

第一朗読 サムエル上8:4-7、10-22a
福音朗読 マルコ2:1-12    


 本日、命日を記念して永遠の平安をお祈り申し上げる司祭の方々は、パウロ内野作蔵神父とパウロ小倉三郎神父です。内野神父は、浦和教区が教区になる以前の知牧区時代知牧長でした。小倉神父は、秩父教会を担当してくださっていました。その前は、長年、神学院で仕事をして下さっていました。また、1月14日に帰天されたフランシスコ会オドリック神父のためにも祈りましょう。本庄教会を創立し50年間も司牧してくださいました。奇しくも福者オドリックの霊名の日に帰天されたとのことです。永遠の安息のために祈りましょう。           

第一朗読は、イスラエルに初めて王が誕生するときの物語です。そもそもイスラエルに王は、存在していませんでした。人々が王を要求したのでやむを得ず、王の存在を許したことが書かれています。「王を与えてください。」との民衆の声は、預言者サムエルには悪と映りました。サムエルは本当の王は神しかいないと考えたからです。地上の王を立てる時、神の代わりになる人なので、王は神のみ心を行ない、神の慈しみの心を実行する、弱い立場の人を守ることが務めです。旧約聖書の中で、列王記や歴代誌には、イスラエルの王・ユダヤの国の実績(勤務評定ともいうべき)が述べられています。王たちの事績が述べられ、父なる神の目に悪をおこなった王が多いことが書かれています。

今日の福音は、中風の人の話です。
そのような病気、状態になった人の気持ちはどのようだったでしょう。人生には突如として病気がおそってくることがあります。「四苦八苦」「生病老死」という言葉に表されるように人生には様々な苦しみにまつわる言葉があります。皆様の家族、友人、知人に病気の方がいらっしゃることでしょう。一生病気にかからない方は少ないかもしれません。自死の原因のひとつには病気の苦しみがあります。 

私たちは、「どうしてこのような病気になったのだろうか・・・」「なぜ、この私が辛い目に会わなければならないのだろう・・・」「重い病気になって、生きている甲斐がない」などと、病気の苦しみの原因を探すことが多いでしょう。病気の方の心のうちは分かりませんが、苦しみとどのように向き合っていけばよいのでしょう。

福音には、四人の男が中風の人を、屋根をはがしてつり降ろし、イエスのもとに運んだことが書かれています。当時、この地方の家の屋根をはがすことは簡単なものだったのかもしれませんが、それでもイエスの前に降ろすことは大変なことだったでしょう。

「罪が赦されること」が、今なのかこれからなのか少し分かりにくいですが、調べてみると、その時、赦されている、というように解釈できます。そう解釈した方がよい。そのイエスの言葉を聞いた人は、罪を赦すのは神様だけができる、と分かるのです。
日本でも昔から「たたり」といわれることがありますが、病気と罪は結びついて考えられていました。

なぜ、生まれてきたのか、なぜ生きながらえなければならないのかと、考えてしまいます。何のために生きているのか、何のために生きていかなければならないのか。
私たちは、苦しみがあっても生きていかなければなりません。「生きていく意味がある」、病気はそのためにきっかけを与えています。神によって「赦されている」「存在を認められている」のです。神様は、あなたの存在を認めています。あなたの存在は、神のみこころによるのです。

今日の福音のイエスの言葉は挑発的です。「罪を赦す」ことと「床をあげて歩く」という事は、どちらが容易いのでしょうか。「罪が赦された」と言うのは簡単です。罪は目に見えません。中風の人の癒しは、「床をあげて喜んで起き上がり、床を担いで歩いた」のですから、目の前で確かめることができました。
ここでの強調は、神の赦しと罪の赦しです。神は、人間の罪を赦してくださっています。

イエスの言われたことは、「神がその人の存在を認めています。」というメッセージを伝えたことになるのではないでしょうか。神は、一人一人の存在を喜んでいて、そのメッセージを伝えたのです。

今、日本の教会は、社会の中で一人一人が「生きている目的」を見つけること、そして私たちは、教会を通して、あなたしかない役割があること、「使命がある」ことを人々にも伝えなければなりません。あなたが存在するのは神のみこころによるのであり、あなたにしかない使命があるのですと。

私たちが、神のみ心を行ない『生きる希望』を人々に伝えていくことができるようになっていきたいと願っています。 


Memorial Mass for the deceased clergy of the diocese


Urawa Catholic Church (Cathedral)
January 17, 2014; First Friday of Ordinary Time

FIRST READING: 1 Samuel 8:4-7, 10-22a
GOSPEL: Mark 2:1-12

In this Memorial Mass today, we pray for Fr. Paul Sakuzo UCHINO and Fr. Paul Saburo OGURA for their eternal peace. Fr. UCHINO was an Apostolic Prefect for the Apostolic Prefecture of Urawa before Urawa (now ‘Saitama’) Diocese was raised to the status of a diocese. Fr. OGURA took pastoral care of Chichibu Parish. He worked for the Seminary for many years before that. Let us also pray for Fr. Odoric Albert FISCHER o.f.m. who passed away on January 14 this year. After he built Honjo Church, he ministered the parish for 50 years. By a curious coincidence, he died on his name day: Blessed Odoric of Pordenone. Let us join in prayer for his eternal rest.

The First Reading today is about the story of appointing the first king of Israel. There was no king in Israel until, as the story depicts, the prophet reluctantly asked God for one because of the demands from the people. Their voices “Give us a king to govern us” displeased Prophet Samuel since he adhered to God as the people’s only true King. Since a king is a vicar of God on earth, when appointing one, the people must choose a person who does God’s Will; it is the king’s duty to protect the weak, acting according to the merciful heart of God. In the Old Testament, such as in the Kings and in the Chronicles, there are written the records ―perhaps more like ‘efficiency rating reports’ ― of the kings of Israel and Judaea. Along with the descriptions of the kings’ achievements, do we also see so many kings who did evil deeds against God the Father.

Today’s Gospel is about a story of a paralytic. We may wonder how we would feel when we happen to be in his condition and have to suffer this disease. In our life, sicknesses may affect us, perhaps too suddenly. We have many words to express life’s sufferings, for example: “Shi-ku-ha-kku (originally a Buddhist term for general sufferings of the world, which now means: ‘to be in a great distress’,)” and “Shō-byō-rō-shi (originally a Buddhist term for ‘birth, illness, growing old and dying―the four sufferings man cannot escape’)”. You may know someone among your family, friends and acquaintances who are suffering from illness. Only a few people may never experience any sickness in their lives. One of the causes of suicides is ‘illness’.

“Why this illness?” “Why me?” “There is no meaning in life”… we try to search for the reason for illness. We can never understand how the sick would feel. However, we also ask the same question in our own lives: how can we deal with suffering?

In this Gospel, we see four men taking off the roof and bringing down the paralytic to Jesus. Compared to what we have now, it may have been easy to remove the roof of a house of this region in biblical times; still, it must have been a great trouble to bring down a man before Jesus.

It is difficult to know from this text whether “forgiveness of sins” was given then or later; yet when we study the text a bit closer, we can see that his sins were forgiven then. It is better to interpret thus. The people who heard Jesus’ words understood then, that it is only God who can forgive sins like this.
From ancient times in Japan, sins and illness were considered closely connected; as has always been said, a man’s sickness is due to a “tatari (divine wrath/curse)”.

We may wonder: Why was I born? Why do I have to live? What for? Nevertheless, even with sufferings, we have to keep on living because “there is a meaning to live” and illness gives us a chance to realise this. Indeed, we are forgiven by God. Our existence is willed by God. God wills you to exist. You exist because of the merciful heart of God.

Jesus’ words in today’s Gospel are challenging: “Which is easier, to say to the paralytic, ‘Your sins are forgiven,’ or to say, ‘Rise, take up your pallet and walk’?” It is easy to say “Your sins are forgiven” because sins are invisible to our eye. However, the healing of the paralytic was visible to us because the man rose with joy, “and immediately took up the pallet and went out before them all”. Here, Jesus emphasized God’s forgiveness of sins―Yes, God forgives us. What Jesus meant here in his message was: “God wills you to live”. He wanted to convey that God finds joy in every creation.

Today, every member of the Church in Japan must proclaim to the society that we must find the “purpose of living”. The Church must proclaim that every person has a unique role to play―a mission. We need to go and tell the society “You exist because of God’s mercy and that you are given a special mission by God, a mission only you can do”.

Let us pray that we may do God’s Will and that we may be able to proclaim the “hope to live” to every person we encounter.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design