カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

教区司祭12月の命日記念ミサ



2013年12月6日 待降節第1金曜日


カトリック浦和教会(カテドラル)

第一朗読 イザヤ29.17-24
福音朗読 マタイ9・27-31

本日は12月に命日を迎える四人の司祭方を記念してミサをおささげいたします。
四人の司祭は次の方々です。
   故アルベルト・コルベジュ神父
   故ユージン・ジュゲ神父
   故グレゴリオ 犬飼政一神父
   故ジャン・ワレ神父
この四人の司祭方はそれぞれ、さいたま教区で長い年月司祭として働かれ、多大な功績を残してくださいました。わたくしは四人の神父さまについていろいろな思い出をもっています。(中略)あらためて四人を遣わしてくださった神様に感謝をささげ、神父さまがたの永久の安息のためにお祈りいたしましょう。

本日の第一朗読はイザヤの預言です。次の言葉が私の心に強く響きました。
「盲人の目は暗黒と闇を解かれ、見えるようになる。」(イザヤ29・18)
当時は、パレスチナでは目の見えない人が多かったそうです。それは、気候環境が厳しく衛生状態も悪かったからなのだと考えられます。イザヤは、目の見えない人にも光がさして見えるようになるという希望を伝えています。

「暗黒と闇」という言葉からわたしは「心の闇」を連想します。この世界には暗黒が存在します。それは何がどうなっているのかわからない不条理な状態です。心に闇はおおいかぶさってきます。信仰とは心にそそがれる神の光、キリストの復活の光です。「どうか主よ、わたしのこころにあなたの光をもっともっと注いでください。」と、祈りましょう。

今日の福音は、二人の盲人のいやしの話です。
「イエスが家に入ると、盲人たちがそばに寄って来たので、『わたしにできると信じるのか』と言われた。二人は、「はい、主よ」と言った。そこで、イエスが二人の目に触り、『あなたがたの信じているとおりになるように』と言われると、二人は目が見えるようになった。」
二人はイエスに付き従い、イエスの入った家に入りました。イエスは家の中で二人の盲人と向き合いました。二人はイエスと出会ったのです。イエスは二人の信仰を確かめてから二人の目にさわり、二人を癒されました。

イエスは、「このことは、だれにも知らせてはいけない」と彼らに厳しくお命じになった。いわゆる「メシアの秘密」と言われる命令です。イエスはなぜそう言われたのでしょうか。ふつう、イエスのメシアの使命が、地上の王の使命と混同され誤解されることを避けるために、他言を禁じたと考えられます。

さらに、それだけでは説明できない何かがあるような気がします。このいやしはイエスと二人の間に起った信仰体験です。この「いやし」は、二人とイエスの間のかけがえのない大切な出来事です。それをほかの人たちにもらすということは、二人とイエスの出会いのかけがえのなさを損なうことになるような気がします。イエスの秘密に触れる大切な出来事になるからです。

なお、今日はこれから堅信式が行われます。どうか皆さん、ご一緒に聖霊のたまものが豊かに与えられますよう、お祈りください。


Memorial Mass for the deceased clergy of the diocese


Homily at Urawa Catholic Church (Cathedral)
December 6, 2013; First Week of Advent - Friday

FIRST READING: Isaiah 19:17-24
GOSPEL: Matthew 9:27-31

Today, we are celebrating a Memorial Mass for four priests who passed away in December. These are: Fr. Albert CORVAISIER m.e.p, Fr. Eugène JUGUET m.e.p, Fr. Gregory Masakazu INUGAI and Fr. Jean WARET m.e.p.

For many years, these priests worked for the Saitama Diocese and rendered distinguished services. I have many good memories of them […]. Now, let us give thanks to God for sending us these men and let us pray for their eternal rest.

Today’s First Reading is from the Book of Prophet Isaiah. The following words rang powerfully in my heart: “Out of their gloom and darkness the eyes of the blind shall see”(Is 29:18). At that time in Palestine, there were many who suffered with blindness. The severe climate and their poor hygiene are considered to be its cause. Here, Prophet Isaiah proclaimed the hope that a light will shine upon the blind and they will regain their sight.

The words “gloom and darkness” remind me of the “darkness in hearts”. Darkness certainly dwells in this world―it is the absurdity that no one can understand their situation. The darkness spreads over the hearts of people. Faith is the Light of God which is poured upon our hearts; it is the Light of Christ’s Resurrection. Let us pray then: “Lord, pour your Light into our hearts, more and more!”

Today’s Gospel is a story about Jesus’ healing of two blind men. ‘When he entered the house, the blind men came to him; and Jesus said to them, “Do you believe that I am able to do this?” They said to him, “Yes, Lord.” Then he touched their eyes, saying, “According to your faith be it done to you.” And their eyes were opened’.

The two blind men followed Jesus into the house. There, Jesus talked face to face with them. These men had an “encounter” with Jesus. Seeing that they had faith in Him, Jesus touched their eyes and healed them. Then, Jesus strictly told them: “See that no one knows it.” This is the command of Jesus known as the “Messianic Secret”. Why did Jesus tell them so? It is generally considered that Jesus told them to keep this a secret because he did not want people to be confused or misunderstand his messiahship with earthly kingship.

However, I think there is much more: this “healing” was an important faith experience between Jesus and the two men. This healing experience was a decisive event for these two and Jesus. I feel that, if they let this leak out to other people, it would spoil the preciousness of their encounter with Jesus, since it is also an event that touches the secret of Jesus.

Now, we are celebrating Confirmation today. Let us unite in prayer so that the candidate may be abundantly granted with the gifts of the Holy Spirit.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design