カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

信仰年終了に際して



2013年11月24日 王であるキリストの祭日


カトリックさいたま教区の皆さん

2012年10月11日より始まった「信仰年」は2013年11月24日の「王であるキリスト」の祭日に最後の日を迎えます。

教皇ベネディクト十六世は自発教令『信仰の門』において、「信仰の創始者であり完成者であるキリスト」(ヘブライ12・2参照)にならうようわたしたちを励ましました。ナザレのイエスの生涯はすべての信仰者の生き方の基準であり模範であります。

「王であるキリスト」の祭日の福音は嘲られ蔑まれ侮られるイエスの姿を伝えています。イエスの十字架の上には「これはユダヤ人の王」という札が掲げられていました。兵士たちはイエスを罵って言いました。「お前がユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」(ルカ23・37)

ここには惨めな最期を遂げる「王であるキリスト」が描かれています。今日の第一朗読では、40年間ユダヤとイスラエルの王であったダビデが登場します。ダビデは理想的な王でした。そのダビデと対照的な王であるイエス・キリストを福音書は伝えています。

このイエスの屈辱的な死はわたしたちを贖い、わたしたちに罪の赦しをもたらすための死でした。イエスは敵を愛し、また自分を迫害するもののために祈るように教え(マタイ5・44)、自分の教えを実行しながら地上の生涯を終えました。イエスの生涯は罪人を赦し罪人を救われる父である神の愛を表し伝え実行することにささげられたのです。わたしたちイエスの弟子は、主のしのばれた屈辱を少しでも耐え忍ばなければなりません。それは自分を迫害し、自分を軽蔑する者を愛し、その人のために善を願うことです。

罪人を愛するということは罪を見逃すことではありません。罪は罪、悪は悪です。罪ある人間を愛するとは罪人のために苦しむことであります。使徒パウロは言っています。「誰に対しても悪に悪を返さず、すべての人の前で善を行うように心がけなさい。」(ロマ12・17)「愛は隣人に悪を行いません。」(ロマ13・10)

神の創造されたこの世界になぜ罪や悪が存在するのか、という問題はわたしたちを悩ませます。世界の不条理の前にわたしたちはたじろぎます。信仰とは悪の存在する世界で神の愛を信じて生きる、ということであります。人生の旅路は試練の連続であり、悪との戦いの連続であります。主イエスはいつもわたしたちと共にいてわたしたちを支え導き助けてくださいます。

イエスは「主の祈り」を教えてくれました。「主の祈り」は福音の要約と言われています。イエスは悪と戦うことをわたしたちに教え、またそのために祈るように教えています。「わたしたちを悪からお救いください。」この「悪」のギリシャ語原文は「悪霊」とも訳すことができます。わたしたちの戦いは「悪・悪霊」との戦いなのです。エフェソの信徒への手紙を読むと次のように言われています。

「主により頼み、その偉大な力によって強くなりなさい。悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身につけなさい。わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。」(エフェソ6・10-12)

 悪との戦いは同時に、この世界に厳として存在する構造悪・社会悪との戦いであります。わたしたちは教会の社会教説を学びながら地上に正義と平和を樹立するために尽力することを怠ってはなりません。

「信仰年」の終了に際して皆さん、この一年の信仰の歩みを振り返ってください。たとえば以下のことがらについてしばらく反省の時をもってください。

・自分の信仰を新たにし深めるためのどんな努力をしたのか?
・祈りの生活においてどのような新しい努力をしたのか?
・自分の信仰の刷新のためにどんなプログラムを実行したのか?
・社会の福音化のためにどのような努力をささげたのか?
・さいたま教区の優先課題にどのように取り組んだのか?

主キリストがみなさんを「光の子」として祝福し、照らし、支えてくださいますよう、祈ります。


2013年11月24日、王であるキリストの祭日

さいたま教区管理者 
ペトロ 岡田武夫大司教(東京大司教区)


Concluding the Year of Faith


To all faithful of the Catholic Diocese of Saitama,

The Year of Faith which started last year on 11 October ends on 24 November, on the Feast Day of Christ the King.

Pope Benedict XVI, in his Apostolic Letter Motu proprio data “PORTA FIDEI”, encouraged us to imitate Christ who is the “pioneer and perfecter of our faith” (Heb 12:2). The life of Jesus of Nazareth is the standard and the model for all the faithful.

The gospel reading for the Solemnity of Christ the King shows us the image of Jesus being mocked and despised. There was an inscription over crucified Jesus: “This is the King of the Jews”. The soldiers mocked him, saying: “If you are the King of the Jews, save yourself!” (Lk 23:37)

Here, the gospel depicts the image of “Christ the King” who is going to die a miserable death. In today’s First Reading, we see King David who ruled Judea and Israel for forty years. David was an ideal king. The gospel conveys Jesus Christ, a king in stark contrast to David.

This humiliating death of Jesus was to redeem and grant us forgiveness of sins. Jesus taught His disciples to love enemies and pray for those who persecute them (Mt 5:44), and having demonstrated this teaching Himself, He ended His life on earth. Jesus offered His life to convey and manifest the love of God the Father who forgives and saves sinners. As His disciples, we need to endure humiliations which the Lord has also persevered. This means that we need to love those who persecute and despise us and that we need to pray good things for them.

To love sinners does not mean we overlook their sins. Sin is sin and evil is evil. To love those with sins means we suffer for them. Apostle Paul says this: “Repay no one evil for evil, but take thought for what is noble in the sight of all (Rm 12:17) ”. “Love does no wrong to a neighbor; therefore love is the fulfilling of the law (Rm 13:10)”.

The question: “Why sin and evil exist in this world which was created by God?” always troubles us. We always draw back when we face such absurdity of this world. But faith is about believing in God’s love while living in this world where evil exists. Our life journey is a series of trials and battles against the evil; but Lord Jesus always accompanies us to strengthen, help and guide us.

Jesus taught us the “Lord’s Prayer”. The Lord’s Prayer is said to be the summary of the whole Gospel. Jesus taught us to fight against the evil and pray in these words: “Deliver us from evil”. The word “evil” in the original Greek text can also be translated as “evil spirit”. Our fight is the fight against the evil/ evil spirit. In the Epistle to the Ephesians we read as follows:

“Finally, be strong in the Lord and in the strength of his might. Put on the whole armor of God, that you may be able to stand against the wiles of the devil. For we are not contending against flesh and blood, but against the principalities, against the powers, against the world rulers of this present darkness, against the spiritual hosts of wickedness in the heavenly places (Eph 6:10-12)”.

The battle against the evil is also the battle against structural evils and social evils. By learning the social teachings of the Church, we must not fail to endeavor establishing justice and peace on earth.

In concluding the Year of Faith, let us reflect on our faith journey. Please make time to reflect on the following points:

 ・What effort have I made to renew and deepen my faith?
 ・What new effort have I made to improve my prayer life?
 ・What programme have I fulfilled for my faith renewal?
 ・What effort have I made for the evangelization of the society?
 ・How did I commit myself to the Priorities of the Saitama Diocese?

+ May our Lord Jesus Christ bless you as “children of light”, illuminate and assist you all.


24 November, 2013
Solemnity of Christ the King

Archbishop Peter Takeo OKADA (Tokyo Archdiocese)
Apostolic administrator of Saitama Diocese

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design