カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

司教叙階銀祝記念ミサ



2016年9月16日 浦和教会 Homily for the Silver Jubilee of Archbishop Peter Takeo Okada’s Episcopal Ordination


司教叙階銀祝記念ミサ

第一朗読 イザヤ40・27-31
福音朗読 ルカ15・1-7

 今日多くの皆さんにご参加いただき、司教叙階25周年を記念するミサを一緒にお捧げできますことを大変嬉しく、ありがたく存じます。25年前、’91年9月16日、敬老の日の振替休日だったと思います。岡神父様に大変お世話になって、浦和明の星の講堂で司教叙階をさせていただきました。主司式の司教は白柳誠一大司教様でありました。ちょうど25年経ちまして、25年目になってわたくしが当時の浦和教区、今、さいたま教区の教区管理者になっているというご縁がありまして、今日ここでミサを捧げております。多くの神父様方、特に東京教区から西川哲彌神父様がご参加くださいまして、本当にお礼申し上げます。
 25年前の叙階式のミサの時に読まれた箇所が今日の箇所、同じ箇所であります。第一朗読はイザヤの預言の40章であります。この箇所から、わたくしは司教のモットーを選んだのであります。通常司教は自分の司教職を捧げる時の基本的な心構えを表す聖句、聖書からとった言葉を選ぶことになっております。わたくしはこのイザヤ書にある言葉、「主に望みをおく人」という言葉を選びました。この言葉は今読まれたような箇所の中に出てくる文言であります。自分に一番必要なことは何だろうかと、しばしば、この時点で25年前にそう思っていたのですね。ますますそう思ってますけども。なかなか色んなことがうまくいかない時に失望したり、力を落としたり、最近聞く言葉は「へこむ」とかありますね。へこむというのは、あんまりいい言葉じゃないですね。そういう自分でありますので、この言葉に慰めと励ましを得るために自分で選びました。
そして、東京のほうに転任を命じられたのですけれども、その時もこの同じ言葉を司教のモットーに選んだのであります。「自分は主に望みをおく人と言ってるじゃないかと。そんなことでどうするのと」と自分を励まして過ごした25年でした。
 この機会に、でもこの箇所は一体どういう状況で作られた言葉かなということを、だいぶ遅ればせながらちょっとだけ調べてみますと、これはイスラエルの人々がほんとうに信仰を刷新する、新たにする機会となった体験-それはバビロン捕囚という体験、紀元前6世紀、正確にいうと紀元前587-538年の体験から生まれてきた信仰であります。この約半世紀の間のユダヤ人たちの体験、バビロン、バビロニアで虜にされて過ごした、この50年の体験から今の旧約聖書が生まれ、そして主なる神への信仰が新たにされた。この時に活躍した預言者がイザヤ。そして、エレミヤ、エゼキエルという大預言者と呼ばれる人たちであります。そして、創世記をはじめとするモーセ五書などもこの頃少しずつ編さんされたと言われております。このバビロン捕囚が今のユダヤ教、旧約聖書の信仰の基礎になっていると言われているのであります。
ペルシャ王キュロスという人によってバビロニアが征服され、征服されていた民族は解放され、その中にユダヤ人がいて、ユダヤ人はエルサレムへの帰還を許された。そういう歴史の展開の中で、彼らはいつも主なる神様への希望を新たにするように、自らを励ましていたのであると思われます。
 福音朗読はルカの15章。ちょうど特別聖年の箇所、というか特別聖年の精神を示す格好の箇所です。特別聖年のロゴマークの図柄がこの場面です。主イエスが見つけ出した一匹の羊を肩に担いでいる、そういう図柄ですけれども、まさにその箇所を表すルカ15章の箇所であります。
ルカ15章は3つのたとえ話が述べられている。見失った羊のたとえ、これが本日の朗読箇所ですが、引き続き失くした銀貨を見つける話、そして有名な放蕩息子のたとえ、この3つの話を以て、神がいつくしみ深い方であるということをわたしたちに告げています。
特別聖年にあたって、この箇所を何度も読まれていると思います。わたくしはこの機会にもう一度このルカ15章の話を味わってみましたが、回心ということはどういうことかなと思うのであります。罪人が神のもとに立ち返るということでありますけれども、実は自分自身の価値に目覚める、どんなにか自分は神から愛されているのであるか、どんなにか自分は尊い存在であるのかということに目覚める、気がつくことが回心ということになるのだと思います。父が戻ってきた息子と抱き合って喜ぶという場面で、2人は、父と息子はお互いにどんなにか一人ひとりの人が、かけがいのない大切な存在であるかということをしみじみと感じているということを表しているのだと思うのであります。
 そして、こういう時にいつも思い出す旧約聖書の知恵の書の言葉があります。
「全能のゆえに、あなたはすべての人を憐れみ、回心させようとして、人々の罪を見過ごされる。あなたは存在するものすべてを愛し、お造りになったものを何一つ嫌われない。憎んでおられるのなら、造られなかったはずだ。あなたがお望みにならないのに存続し、あなたが呼び出されないのに存在するものが 果たしてあるだろうか。命を愛される主よ、すべてはあなたのもの、あなたはすべてをいとおしまれる。」
 わたしたちは神の作品であり、神の似姿であり、神がいとおしく思ってくださるのであると。どんな現実が、どんな失敗が、どんな思わしくない色んなことが自分に、あるいは隣の人にあるにせよ、でも神はわたしたちを大切に思ってくださる。そういう信仰によってわたしは支えられ、そしてそういうものとして与えられた務めを日々果たしながら、神様にお仕えしていきたい、してきました。これからできるところまでやりたいと、そう思っております。今までの皆様のお祈り、支え、心から感謝申し上げます。

Homily for the Silver Jubilee of Archbishop Peter Takeo Okada’s Episcopal Ordination

September 16, 2016, at Urawa Church

First Reading: Isaiah 40:27-31
Gospel Reading: Luke 15:1-7

I’m deeply joyful and grateful that so many of you are here to celebrate with me the twenty-fifth anniversary Mass for my episcopal ordination. It was exactly 25 years ago, on September 16 in 1991, a substitute holiday for Respect-for-the-Aged Day. Under the great care of Fr. Oka, I was ordained bishop at the auditorium of Urawa-Akenohoshi Girls’ School. The main celebrant was Archbishop Peter Seiichi Shirayanagi. Exactly a quarter century later, I am celebrating this Mass here today at the Diocese of Saitama, then called Diocese of Urawa, as its Apostolic Administrator. I’d like to thank all the priests, especially Fr. Tetsuya Nishikawa from the Archdiocese of Tokyo, for joining me.

Today’s readings are exactly the same as those read at the episcopal ordination Mass 25 years ago. The first reading is from the Book of Isaiah, Chapter 40, from which I chose my own motto as a bishop. Usually a bishop is supposed to choose some words from the Bible to express a fundamental attitude toward exercising his episcopal ministry. I chose the following words from the Book of Isaiah: “Those who hope in the Lord.” (40:31, NIV) They are found in the context we have just heard. At that time 25 years ago I was often wondering what was most necessary to me, and I feel all the more so now. When things go wrong, we can get disappointed, or discouraged, or even “deflated” as often heard these days. Getting deflated doesn’t sound inviting, does it? Because I’m inclined to feel that way, I chose the above motto to take comfort and encouragement from it.

When I was transferred to the Archdiocese of Tokyo, I chose this motto again as its archbishop. Thus I’ve spent these 25 years encouraging myself by saying to myself, “Remember your motto: You’re one of ‘those who hope in the Lord.’ You should know better.”

On this occasion, though belated, I did a little research on the background of this verse and found out that it expresses a faith renewed by the experience of the Israelite people, that is, the experience of the Babylonian exile in the 6th century BC, or more precisely between 587 and 538 BC. This Jewish experience for the half-century, that of living as captives in Babylon, capital of Babylonia, for those 50 years, brought forth what we now call the Old Testament, and the faith in God the Lord was renewed. During this period Isaiah, Jeremiah, and Ezekiel called the Major Prophets were active. It was also the period when the Law of Moses including the Book of Genesis was thought to be edited little by little. That is why this Babylonian exile is called the foundation of the faith in the current Judaism based on the Old Testament.

Babylonia was eventually conquered by the Persian king Cyrus, who released those conquered races. Among them were the Jews, who were allowed to return to Jerusalem. In the historical progress they probably encouraged themselves to renew their hope in God the Lord all the time.

Today’s Gospel reading is from Luke, Chapter 15, and it’s an excellent part to show the spirit of the Extraordinary Jubilee of Mercy. The design of the logo image of the Holy Year exactly depicts this passage: Jesus the Lord is carrying a lost sheep he had found on his shoulders.
Chapter 15 of Luke’s Gospel describes three parables. Following today’s passage of the lost sheep are the parable of a woman finding a lost coin, and a well-known parable of a prodigal son. These three parables show us how merciful God is. I’m sure many of you have been reading this chapter over and over this Holy Year. I also savored the parables in Luke 15 again on this occasion, and they make me wonder what repentance is. Repentance, or returning to God, actually means opening our eyes to our own values. It is the awareness of how much I’m loved by God, and how precious my presence is to Him. At the scene that the father rejoices in the return of the lost son by embracing him, it was brought home to both the father and the son that each one is so precious to the other.

And this kind of awareness always reminds me of the words from the Book of Wisdom in the Old Testament:

“But you are merciful to all, for you can do all things,
and you overlook people’s sins, so that they may repent.
For you love all things that exist,
and detest none of the things that you have made,
for you would not have made anything if you had hated it.
How would anything have endured if you had not willed it?
Or how would anything not called forth by you have been preserved?
You spare all things, for they are yours, O Lord, you who love the living.”
(11:23-26)

We are what God has made us, His likeness, deeply loved by Him. No matter what reality or failure or anything unfavorable may happen to me or someone right next to me, still God treasures us. This is the faith that has been supporting me, and I have been willingly serving God by carrying out the ministry given to me day by day as His beloved. And I would like to continue to do so as long as I can. Thank you again from the bottom of my heart for your prayers and support over these years!


[All the Scripture quotations, unless otherwise noted, are from the New Revised Standard Version Bible: Catholic Edition (NRSVCE), copyright © 1989, 1993 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.]


メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design