カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

第12回教区大会(埼玉県)



2013年さいたま教区大会終了ミサ


2013年11月23日(土)
浦和明の星女子中学・高等学校

第一朗読 ヘブライ10・19-25
福音朗読 マルコ2・18-22

昨年2012年10月11日に始まった「信仰年」は明日、教区大会開催日の翌日の11月24日、「王であるキリスト」の祭日に終了します。

「信仰年」は第二ヴァチカン公会議開催50周年を記念して定められました。その背景には現代西欧社会における「信仰の危機」という問題があります。そしてさらに「信仰の危機」の背景には著しい世俗化と物質文明の退廃、家族の絆の脆弱化と崩壊、超越的存在への感覚の鈍化と麻痺、などの現象が考えられます。弱肉強食の世界において不条理が蔓延し、そのような現実を許容している神への信頼の念が薄れ弱められた、とも考えられます。

わたしたちの信仰の原点は主イエスです。大会のテーマ「時代とともに歩む教会―新しいぶどう酒は新しい革袋に―」です。「新しいぶどう酒」といえば、それは、主イエスの生き方でありその信仰だ、と思います。イエスの生き方は当時のユダヤ教の指導者の通念を打ち破る驚天動地の出来事でした。イエスが来たのは健康な人のためではなく病気の人のため、正しい人を招くためではなく、罪人を弾劾するためではなく、罪人を受け入れ救うためでした。(マタイ9・12-13参照)イエスの新しさを知るためにはイエスご自身を、とくに福音書のイエスをさらによく知る必要があります。

教皇ベネディクト十六世は信仰年開始を告げる自発教令『信仰の門』でイエスを「信仰の創始者また完成者」というヘブライ書(12・2)の言葉を引用しています。「創始者」は「指導者」「導き手」とも訳せます。イエスの生涯は信仰者の生涯であり、わたしたち信仰者の模範です。このイエスの生き方にある新しさをわたしたちは知らなければなりません。イエスは常に聖霊に導かれておりました。聖霊はイエス自身の霊です。イエスの新しさは聖霊からくる新しさです。イエスは悪と戦い、悪霊を退け、聖霊の支配をもたらしました。

イエスの教えを受けてエフェソの信徒への手紙は強調します。
「最後に言う。主に依り頼み、その偉大な力によって強くなりなさい。 悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。・・・立って、真理を帯として腰に締め、正義を胸当てとして着け、平和の福音を告げる準備を履物としなさい。 なおその上に、信仰を盾として取りなさい。それによって、悪い者の放つ火の矢をことごとく消すことができるのです。」(エフェソ6・10-16)

イエスの新しさは聖霊の働きであり、聖霊による悪霊の追放、という働きであり、聖霊による神の国の到来の宣言であります。「わたしたちを悪からお救いください」との主の祈りはそのまま、「わたしたちを悪霊の誘惑からお守りください」という祈りでもあるのです。

誘惑の多い日々の生活のなかでわたしたちが「光の子」(エフェソ5・8)として、キリストの復活の光を受けて歩むことが出来ますよう祈りましょう。


Homily for Closing Mass, Saitama Diocesan Gathering 2013


November 23 (Sat), 2013
Urawa Akenohoshi Girls' Junior & Senior School

FIRST READING: Heb 10:19-25
GOSPEL: Mk 2:18-22

The Year of Faith which started last year on 11 October will end tomorrow on 24 November on the Feast of Christ the King. The Year of Faith was celebrated in commemorating the 50th Anniversary of the Second Vatican Council and in responding to the “faith crisis” of European society today. In the background of this “faith crisis” were rapid secularisation, decadence stemming from materialism, weakening and breakdown of family bond, growing insensitivity toward the Higher Being. Since absurdity abounds in this world of jungle rules, people’s faith in God (who seems to be allowing this to happen) has weakened.

However, we must remember that the starting point of our faith is Lord Jesus Christ. The theme of the Diocesan Gathering 2013 is: ’Church that walks with the times―New wine into fresh wineskins’. I think this “new wine” refers to Jesus’ faith and His way of life. Jesus has shattered the common thinking of religious leaders of the Jews at the time. Indeed, Jesus’ way of living was an earthshaking event for them. Jesus did not come for those who are well but for those who are sick; he did not come to call the righteous, but sinners―not to accuse them but to accept and save them (See: Mt 9:12-13) . To learn the newness of Jesus, one must learn about Jesus Himself, especially Jesus in the gospels.

Pope Benedict XVI, in his Apostolic Letter Motu proprio data “PORTA FIDEI” for the indiction of the Year of Faith, quoted from the Letter to the Hebrews (12:2): Jesus is the “pioneer and perfecter of our faith.” The word ‘pioneer’ in the original Greek can also be translated as ‘leader’ or ‘guide’. It means that Jesus’ life is our model life and that He is the model for us believers. We need to know the newness that is present in Jesus’ life. Jesus was always guided by the Holy Spirit. Holy Spirit is the spirit of Jesus Christ Himself. The newness of Jesus comes from the Holy Spirit. Jesus fought against the evil, drove them away and brought to us the rule of the Holy Spirit.

Inspired by Jesus’ teachings, the Epistle to the Ephesians stresses this point:
“Finally, be strong in the Lord and in the strength of his might. Put on the whole armor of God, that you may be able to stand against the wiles of the devil. For we are not contending against flesh and blood, but against the principalities, against the powers, against the world rulers of this present darkness, against the spiritual hosts of wickedness in the heavenly places. […] Stand therefore, having girded your loins with truth, and having put on the breastplate of righteousness, and having shod your feet with the equipment of the gospel of peace; above all taking the shield of faith, with which you can quench all the flaming darts of the evil one. (Eph 6:10-16)”

The newness of Jesus is the work of the Holy Spirit: the casting out of the evil and the proclamation of the coming of the Kingdom of God. The words in the Lord’s Prayer “Deliver us from evil” are our own words of prayer: Protect us from the temptations of the evil. In every day of our life that is full of temptations, let us pray so we can walk as “children of light (Eph 5:8)” under Christ’s light of Resurrection.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design