カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

水戸教会司牧訪問



2013年10月27日 年間第30主日 


カトリック水戸教会

第1朗読 シラ書 35・15b-17、20-22a
第2朗読 テモテへの手紙二 4・6-8、16-18
福音朗読 ルカによる福音書 18・9-14

 使徒パウロの生涯は激しい戦いの生涯でした。パウロはその生涯がもうすぐ終わろうとし、殉教を目前としているときに、愛する弟子のテモテへ手紙を書き送ったのでした。「わたし自身は、既にいけにえとして献げられています。世を去るときが近づきました。わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。」(2テモテ4・6-7)

パウロの戦いは信仰を守るという戦いでした。今わたしたちは「信仰年」を歩んでいます。残すところ一ヶ月ですが、信仰の歩みは生涯続かなければなりません。信仰とは生涯にわたる戦いであると思います。わたしたちの人生には信仰を損い危うくするような出来事が沢山起こっています。信仰はわたしたちが力を合わせて一緒に守り戦うべき大切な課題です。わたしたち教会は信仰を養い育て深めていかなければならないのです。

エフェソの信徒への手紙では、信仰の戦いが悪との戦いとして述べられています。(エフェソ6・10-20参照)わたしたちの戦いは血肉を相手にするものではなく、悪の霊を相手にするものです。つまり悪霊がわたしたちの信仰の敵なのです。悪霊と戦うためには神の武具を身に着けなければなりません。「真理を帯として腰に締め、正義を胸当てとして着け、平和の福音を告げる準備を履物としなさい。なおその上に信仰を盾として取りなさい。」(エフェソ6・14-16) 悪霊の攻撃を防ぐ武器はまず信仰と言う盾です。神の言葉を学び、聖霊の助けを受けて絶えず根気よく祈り続けなければなりません。

主イエスは先週の主日の福音で「気を落とさずに絶えず祈らなければならない」と教えています。今日のルカの福音はその続きの箇所です。人間には、自分を正しいものだとうぬぼれている者と、自分は罪深いものであると自覚している者とがいます。誰でも神の前に真摯に己を省みれば、神の前に立つには忸怩(じくじ)たるもののない者は少ないでしょう。

イエスは言われました。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」(ヨハネ13・34)このイエスの愛を実行することは罪人のわたしたちには難しいことです。ですからわたしたちは、日々主の祈りの中で「わたしたちの罪をおゆるしください」と祈ります。またミサの開祭の祈りにおいても、罪を告白し、赦しを願っています。この罪の赦しの願いは心からのものでなければなりません。主イエスはわたしたちの罪を負って十字架にかかりました。わたしたちは律法を実行することによっては救われません。それは使徒パウロがローマの信徒への手紙で説いているとおりです。「わたしたちの主イエスを死者の中から復活させた方を信じれば、わたしたちも義と認められます。イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです。」(ローマ4・24-25)

わたしたちは信仰によって悪霊と戦うよう召されています。それは同時に、自分自身の罪との戦いです。主イエスにおいて示された神の愛、わたしたちの罪を赦し、わたしたちの弱さを受け入れてくださる神の愛を深く信じることが出来るよう、聖霊の助けを祈り求めましょう。

今日の第一朗読、シラ書は言います。「謙虚な人の祈りは、雲を突き抜けて行き、それが主に届くまで、彼は慰めを得ない。彼は祈り続ける。いと高き方が彼を訪れ、正しい人々のために裁きをなし、正義を行われるときまで」(シラ35・21-22)この祈りは当然自分の罪の赦しを願う祈りをも含むもの、と思います。神に憐れみと慈しみを信じて祈りましょう。


Pastoral Visit to Mito Catholic Church


October 27, 2013; 30th Sunday in Ordinary Time

FIRST READING: Sirach 35:12-14, 16-18
SECOND READING: 2 Timothy 4:6-8, 16-18
GOSPEL: Luke 18:9-14

Life of Apostle Paul was a life of intense battles. When such life was coming to an end―when the day of his martyrdom was drawing near, Paul wrote and sent a letter to his beloved disciple Timothy: “For I am already on the point of being sacrificed; the time of my departure has come. I have fought the good fight, I have finished the race, I have kept the faith” (2 Tm 4:6-7).

Paul fought a battle to keep the faith. We are now in the Year of Faith closing in about a month, however, our faith journey must continue throughout our lives. I believe that faith is a life-long battle. In our life, numerous events that put our faith in great danger occur. Keeping the faith is our task: we need to gather our strength and fight to defend it together. Our Church must nourish, grow and deepen faith.

In the Letter to the Ephesians, the battle over faith is portrayed as a battle against evil (See: Eph 6:10-20): we do not combat with flesh and bone but with evil. In other words, evil is the enemy of our faith. In order to fight evil, we must put on the armour of God as the passage says: “Stand therefore, having girded your loins with truth, and having put on the breastplate of righteousness, and having shod your feet with the equipment of the gospel of peace; besides all these, taking the shield of faith, with which you can quench all the flaming darts of the evil one” (Eph 6:14-16). Above all, the weapon that defends us from evil is the shield of faith. We need to study the Word of God and pray tirelessly with the help of the Holy Spirit.

In the Gospel last week, Lord Jesus taught us to “never lose heart to keep praying”. Today’s Gospel of Luke is taken from the part that follows this passage. There are two kinds of man in the story: one, who is conceited and thinks of himself as righteous; and the other, who humbly acknowledges his sinfulness. When we sincerely reflect on ourselves, I believe most of us cannot stand before God without feeling ashamed of ourselves.

Jesus said: “[L]ove one another […] as I have loved you” (Jn 13:34). For us sinners, it is difficult to practice this love Jesus teaches us. That is why we pray daily in the words of Lord’s Prayer: “Forgive us our trespasses”. We also confess our sins and ask forgiveness at the Opening of the Mass. These prayers asking for forgiveness must come from our hearts. Lord Jesus took upon Himself our sins and was nailed to the cross. We are not saved by obeying the law as St. Paul explains in his Letter to the Romans: “[Righteousness] will be reckoned to us who believe in him that raised from the dead Jesus our Lord, who was put to death for our trespasses and raised for our justification” (Rom 4:24-25) .

Through faith, we are called to fight against evil. At the same time, this battle is a fight against our own sins. Let us pray for the help of the Holy Spirit so that we can trust wholeheartedly in God’s love manifested in our Lord Jesus―the love which forgives our sins and accepts our weaknesses.

In today’s First Reading, the Book of Sirach says: “The prayer of the humble pierces the clouds, and he will not be consoled until it reaches the Lord; he will not desist until the Most High visits him, and does justice for the righteous, and executes judgment” (Sir 35:17). This prayer includes the prayer asking for forgiveness of our sins. So let us pray then, trusting in God’s mercy and compassion.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design