カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

お知らせ ANNOUNCEMENT



■ 「励ましのメッセージ」2020. 4.27
山野内司教様より教区のみな様へ「励ましのメッセージ」があります。

励ましのメッセージ: http://saitama-kyoku.net/our_diocese/our_bishop/messages/

■ 教皇メッセージ2020. 4.23
「第57回世界召命祈願の日」教皇メッセージが届きました。
各種書類よりダウンロードしてご覧ください。

■ 「聖地のための献金」について2020. 4.20
「聖地のための献金」につきまして、駐日教皇大使を通して教皇庁より次のようにお知らせがありました。

 例年ならば聖金曜日に行われる「聖地のための献金」ですが、新型コロナウィルス感染症のため、今年は「十字架称賛」の祝日に近い9月13日に行ってほしいとのことです。

 教区事務所も新型コロナウィルス感染症拡大予防のために、出勤者が重ならないような対策をとっており、対応が遅くなっております。どうぞご了承ください。

感謝のうちに

■ 聖週間の典礼2020. 4.14
今年は新型コロナウィルス感染症拡大予防のため、聖週間の典礼、ご復活のミサを皆様とご一緒に捧げることができませんでしたので、司教メッセージをご覧ください。

また、司教館での典礼の写真を一部ご紹介します。

司教メッセージ: http://saitama-kyoku.net/our_diocese/our_bishop/messages/

写真: http://saitama-kyoku.net/our_diocese/our_bishop/pastoral_visits/2020/?mode=main&cno=236

■ 渡瀬鬼石殉教祭について2020. 4.14
例年行われております渡瀬鬼石殉教祭につきまして、
本年は新型コロナウィルス感染症拡大予防のため中止といたします。

主催: 群馬県西ブロック、東ブロック

■ お知らせ2020. 4. 6
各種書類へ次のものを掲載いたしました。

1. 2020年「世界青年の日」教皇メッセージ
2. 日本司教協議会会長談話
3. 「新型コロナウィルス感染症に苦しむ世界のための祈り」

心をあわせてお祈りいたしましょう。

■ 新型コロナウィルス感染症の対応(第6次)2020. 3.27
2020年3月27日

               カトリックさいたま教区の皆様
                司教 マリオ 山野内 倫昭


新型コロナウイルスの感染拡大に対する教区の対応について(第6次)
聖週間のミサの中止等について


 わたしたちの切なる願いにも拘わらず、新型コロナウイルスの感染拡大の勢いはむしろ増しつつあります。聖週間を目前に控え、顧問会で、向こう1カ月間の典礼等についての対応が決まりましたので、皆様にお伝えいたします。


1・ 公開のミサの中止について
   4月26日(日)(復活節第3主日)まで公開のミサの中止を継続します。


2・ 聖週間の典礼について
   枝の主日(4月5日)
ミサは非公開です。 枝は必要ありません。
すでに枝を用意している小教区は公開のミサ再開後、配布してください。

   聖香油のミサ
司教に委ねられた権限に基づき、延期します。

   聖木曜日(主の晩餐)と聖金曜日
典礼は非公開で行われます。信徒の皆様は自宅で、心を合わせてお祈りください。

   復活徹夜祭・復活の主日
洗礼式は延期してください。
復活徹夜祭ならびに復活の主日のミサは公開されません。
復活の主日のための「教会の祈り」の「読書」を唱えることをお勧めします。


3・ 四旬節の愛の献金について
   これまで通り、「カリタスさいたま」に送って下さい。

4・ これまでと変わらないこと
(1) 主日のミサ、聖なる3日間のミサに与る義務の免除(さいたま教区のすべての信徒)
(2) 結婚式と葬儀については、充分な感染防止対策を取った上で行う。
(3) ミサ以外の諸行事については、延期または中止するように配慮すること。
(4) (司祭の皆様へ)非公開のミサは聖堂ではなく、司祭の自室でささげること。
(5) (司祭の皆様へ)臨終など、緊急でやむを得ない場合を除いて、「ゆるしの秘跡」の執行はなさらないでください。なお、現在の状況下での「ゆるしの秘跡」ならびに「特別免償の付与」については、中央協議会のホームページをご参照ください。


 わたくしは日本で生まれ、アルゼンチンで育ち、そして、今、さいたま教区に迎えられてこの特別の時を皆様と共に生きる恵みを頂いております。この世界はわたしたちがともに暮らす家、わたしたちはすべての違いを超えて、互いを大切にし合いながら生きなければならない家族であることを、今ほどひしひしと感じたときはありません。皆様が温かい理解とご協力を下さり、ともに歩んでくださっていることを心から感謝いたします。
 どうぞ、これからも一層、神のいつくしみの心に信頼し、すべての方々に思いを馳せながら、特に、亡くなられた方のために永遠の安らぎを祈り、感染した方々の速やかな回復と世界的な流行の一日も早い終息を願い、聖母マリアの取り次ぎを願いながら、父である神に祈りましょう。

※ 印刷は、各種書類よりダウンロードしてご利用ください。
※ 英語版は出来上がり次第、各種書類へアップいたします。



■ 「教会学校リーダーの集い」中止のお知らせ2020. 3.27
               
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月29日(水祝)大宮教会で開催予定の「教会学校リーダーの集い」は、中止といたします。ご了承ください。

                 カトリックさいたま教区
                 子どもの信仰教育委員会
                   担当司祭 山口一彦

■ 教皇フランシスコの呼びかけ2020. 3.24
教皇フランシスコは、 『3月25日の水曜日ローマ時間正午(日本時間午後8:00)、全世界で一斉に「主の祈り」を唱えましょう。』とよびかけられています。
心をあわせて祈りましょう。

https://www.cbcj.catholic.jp/2020/03/23/20431/

■ 祈り2020. 3.21
「聖ヨセフのとりなしを願う祈り」を「みんなの祈り」に掲載しました。
印刷は各種書類よりダウンロードしてください。

また、教皇フランシスコから「告解を受けられない方へのアドバイス」があります。
https://www.vaticannews.va/ja/pope/news/2020-03/messa-santa-marta-20200320.html

■ 祈り2020. 3.19
新型コロナウィルス感染予防のため、ミサに与れない日々が続いております。
「公開ミサに与れない日々の祈り」を掲載しました。

「信仰」−「祈りの場」−「みんなの祈り」からご覧ください。
印刷したい方は、各種書類よりダウンロードできます。

■ 四旬節のミサ説教2020. 3.16
山野内司教のミサ説教を「司教メッセージ」へ掲載いたしました。
「わたしたちの教区」より「司教」のページへ入ってご覧いただけます。

■ 新型コロナウィルス感染症に対する対応 【第4次】2020. 3.13
                       2020年3月11日
カトリックさいたま教区の皆様

               カトリックさいたま教区 司教
                       山野内 倫昭


新型コロナ・ウイルス感染症に対する教区の対応について(第4次)
新型コロナウイルス感染症の広がりに伴う「公開ミサ」の中止期間の延長等について

 カトリックさいたま教区の皆様には、灰の水曜日以降、四旬節第2週末(3月14日(土))まで、「公開ミサの中止」という、これまで経験したことのない形での対応をお願いいたしました。皆様には、私の願いを受け入れて下さり、この間の2回の主日にミサに与ることなく、主のご復活の日を迎えるために、特別の思いを胸に祈りの日々をお過ごしのことと思います。しかし、わたしたちの願いを他所に、新型コロナ・ウイルスの感染拡大は未だ衰えを見せておりません。そのため、昨日、臨時の顧問会を開き、15日以降の対応について協議し、さいたま教区としては、「公開ミサの中止」等の措置を以下の通り延長することといたしました。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

1. 3月15日(日)から3月29日(日)まで、公開のミサを中止します。
2.その間の3回の主日については、さいたま教区のすべての信徒を対象に、主日のミサに与る義務を免除します。それぞれに、あるいは家族とともに、その日の聖書の朗読個所を読み、分かち合い、祈りを捧げる時を持つことを勧めます。
なお、主日には通常通り聖堂は開かれます。前もって「聖書と典礼」のパンフが必要な方は、教会に問い合わせた上で入手の上、ご活用ください。
3. 結婚式と葬儀については、充分な感染対策を取った上で行ってください。
4. ミサ以外の諸行事については、延期または中止するようご配慮ください。
5. この対応をこの期間後も継続するかどうかについては、3月25日(水)開催の顧問会で話し合い、その結果を速やかにお知らせいたします。
6. なお、4月8日(水)水戸教会で予定の聖香油ミサは、予定を変更し、司祭団・助祭団のみで行います。どうか、それぞれの場所で心を合わせてお祈りください。
7. わたくしの主日の説教は教区のホームページでお読みいただけます。ミサの動画ネット配信については、さいたま教区では対応できません。東京教区ホームページでミサの動画配信をしています。
8. このような状況下で四旬節を相応しく過ごす助けとなる祈りとして、「霊的聖体拝領の祈り」(各国語)を準備いたします。でき次第ホームページに掲載しますので、ご活用ください。

 以上は、現在社会全体で力を合わせて行われている感染拡大を食い止めるための努力を無にしないための緊急避難措置であることをご理解くださいますようお願いいたします。

神のいつくしみの心に信頼し、すべての方々に思いを馳せながら、特に、感染した方々の速やかな回復と世界的な流行の一日も早い終息を願い、聖母マリアの取り次ぎを願いながら、父である神に祈りましょう。

                            以上

※ 英語のお知らせを、各種書類へ掲載しました。

※ 「霊的聖体拝領の祈り」は、
  「信仰」−「祈りの場」−「みんなの祈り」よりご覧ください。
  


■ さいたま教区人事について2020. 3. 6
2020年度の司祭人事異動が決定しました。
各種書類よりダウンロードしてご覧ください。



■ 新型コロナウィルス感染症に対する対応 【第3次】2020. 2.27
2020年2月26日
                  カトリックさいたま教区
                     司教 山野内倫昭


新型コロナウイルス感染症の広がりに伴う「公開ミサ」の中止について

 新型コロナウイルス感染症の感染の広がりが拡大に向かうか、終息に向かうか、これからの1〜2週間が重要な時期に当たるとして、感染拡大のもとになる可能性を少しでも少なくするため、多数が集まる集会や移動などをできるだけ控えることが求められています。
東京教区並びに札幌教区に続き、さいたま教区でもこのことの重要性を理解し、可能な対策を行うことにいたしました。対応をよろしくお願いいたします。

1・ 2月27日(木)から3月14日(土)まで、主日のミサをはじめ、公開のミサを原則として中止します。
2・ 3月1日と8日の2回の主日については、さいたま教区のすべての信徒を対象に、主日のミサに与る義務を免除します。その日の聖書の朗読個所を読み、祈りを捧げる時を持つことを勧めます。
3・ 週日のミサは、ごく小規模の参加の場合を除いて同様に中止とします。
4・ ただし、結婚式や葬儀は、充分な感染対策を取った上で、通常通り行います。
5・ ミサ以外の諸行事については、規模が小さい集まりを除いて、できる限り、延期または中止するようご配慮ください。なお、飲食が伴う行事に関しては自粛をお勧めします。
6・ 大きな変化がない限り、この初期対応としての2週間が経過後は通常に復帰の予定ですが、この期間が終了する前に今一度判断を行いたいと考えています。

 教会にとって、日々捧げられるミサの中止の決断は容易ではありません。以上は、感染拡大を食い止めるための緊急避難措置であること、併せて、このような判断に至った状況の深刻さをご理解くださいますようお願いいたします。

神のいつくしみの心に信頼し、すべての方々に思いを馳せながら、特に、感染した方々の速やかな回復と世界的な流行の一日も早い終息を願い、聖母マリアの取り次ぎを願いながら、父である神に祈りましょう。

※ 各言語版は、翻訳が完成次第「各種書類」へアップいたします。


■ Encuentro de Cuaresma Latino2020. 2.27
El retiro espiritual de lengua espanola que estaba programado para el 1 de marzo
en Urawa se suspendera acutepor esta vez. Recemos para que podamos encontrar otro
momento favorable para realizar esta jornada de retiro espiritual.

3月1日に予定されていた「スペイン語圏黙想会」は中止となりましたので、お知らせいたします。

■ Encuentro de Cuaresma Latino2020. 2.18
各種書類(Documents)にポスターがあります。


■ 新型コロナウィルス感染症に対する教区の対応について2020. 2. 7
                       カトリックさいたま教区司教
                          マリオ 山野内倫昭

 新型コロナウィルス感染症の発症、拡大に不安を感じておられることと思います。
 さいたま教区といたしましては次のように対応します。
 皆様には落ち着いた行動を取っていただきたいと考えております。

 1.インフルエンザ流行時を参考に、咳エチケットなど一般的な衛生対応を十分に行ってください。
 2.体調不良の場合には、無理せずミサの参加は自粛なさってください。2月9日以降しばらく体調に不安がある方は、主日のミサに与る義務を免除いたします。
 3.当分の間、聖堂入口の聖水盤は使用を控えます。
 4.司祭、助祭、整体奉仕者は聖体授与の直前に十分手を洗うか、アルコール消毒してください。
 5.当分の間、口での聖体拝領をご遠慮ください。

※ 小教区へ配布いたしました文章は、各種書類よりダウンロードできます。
※ 言語別お知らせは翻訳が出来次第、各種書類に掲載いたします。

■ カリタスさいたま2020. 2. 3
 近年、各地で大きな災害が起こっています。
カリタスさいたまでは、日本各地で災害が発生した場合に素早い対応を取れるよう、事前にボランティア登録をお願いすることにいたしました。

 災害が起こった場合、カリタスさいたまより活動に参加していただけるか、その時のご都合をメールなどで確認させていただきます。

 ボランティア登録票は、カトリックさいたま教区HP「各種書類」よりダウンロードできます。

 お問合せは、カトリックさいたま教区、カリタスさいたままで
メール、FAXでお願いいたします。  

■ 訃報2020. 2. 3
 ミラノ外国宣教会司祭フェラーラ・ジョルジョ師が急逝されました。
 ジョルジョ師は、埼玉県北ブロックで司牧をされていましたが、治療のためイタリアに帰国しました。その後、昨年9月よりアメリカ管区で働いておられました。
 1月25日午後6時ごろ、散歩中に心臓発作のため急逝されたとのことです。
 ジョルジョ神父様の永遠の安息のためにお祈りください。


<< 前ページ  全 263件  次ページ >>
CGI-design