カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

主日の福音 SUNDAY READINGS

一覧表示 > 2019年12月(6) - 逆順表示

聖家族 マタイ 2・13-15、19-23

2019/12/29(Sun)
2・13 占星術の学者たちが帰って行くと、主の天使が夢でヨセフに現れて言った。「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。」

2・14 ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトへ去り、

2・15 ヘロデが死ぬまでそこにいた。それは、「わたしは、エジプトからわたしの子を呼び出した」と、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。

2・19 ヘロデが死ぬと、主の天使がエジプトにいるヨセフに夢で現れて、

2・20 言った。「起きて、子供とその母親を連れ、イスラエルの地に行きなさい。この子の命をねらっていた者どもは、死んでしまった。」

2・21 そこで、ヨセフは起きて、幼子とその母を連れて、イスラエルの地へ帰って来た。

2・22 しかし、アルケラオが父ヘロデの跡を継いでユダヤを支配していると聞き、そこに行くことを恐れた。ところが、夢でお告げがあったので、ガリラヤ地方に引きこもり、

2・23ナザレという町に行って住んだ。「彼はナザレの人と呼ばれる」と、預言者たちを通して言われていたことが実現するためであった。






ロゴ 日ごとの福音を読者登録します

日ごとの福音を
読者登録します!



日ごとの福音
メール配信は
 無料ですが、
み言葉を広めるために、
ご協力をお願いします。

寄付します!
(日本聖書協会 新共同訳)



 [前の5日表示]   [主日の福音]