カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

みんなの祈り PRAYERS


シラ書35 謙虚な人の祈りは

主にわいろを贈ろうなどとするな。
  お受け取りにはならないから。
不正ないけにえを頼みとするな。
主は裁く方であり、
人を偏り見られることはないからだ。

貧しいからといって主はえこひいきされないが、
虐げられている者の祈りを聞き入れられる。

主はみなしごの願いを無視されず、
やもめの訴える苦情を顧みられる。
やもめの涙は頬を伝って流れているではないか。
その叫びは、涙を流させた者を責めている。

御旨に従って主に仕える人は受け入れられ、
その祈りは雲にまで届く。

謙虚な人の祈りは、雲を突き抜けて行き、
それが主に届くまで、彼は慰めを得ない。
彼は祈り続ける。
いと高き方が彼を訪れ、
正しい人々のために裁きをなし、
  正義を行われるときまで。

主はためらうことなく行動し、
悪人どもを我慢なさらない。
主は必ず無慈悲な者の腰を打ち砕き、
異邦の民に報復される。

また、多くの傲慢な者たちを滅ぼし尽くし、
不正な者たちの笏を打ち砕かれる。

主は、行いに従ってその人に報い、
思いに従ってその働きに報われる。
御自分の民のために裁きを行い、
その憐れみをもって彼らを喜びで満たされる。

主の憐れみは苦しみ悩むときに折よく与えられ、
それは日照りが続いたときの雨雲のようである。


(シラ書35・14-26)



CGI-design